同志社大学 一神教学際研究センター CISMOR

> 公開講演会 >

『ヘブライ語聖書』に反映する一神崇拝の展開

公開講演会

『ヘブライ語聖書』に反映する一神崇拝の展開
The Development of Monolatry Reflected in the Hebrew Bible

  • 20180310poster
日時: 2018年03月10日(土)13:00-15:00
場所: 同志社大学今出川キャンパス 神学館チャペル
(京都市営地下鉄烏丸線「今出川駅」下車3番出口徒歩3分)
講師: 長谷川 修一(立教大学文学部・准教授)
要旨:
ユダヤ教・キリスト教は一般に、唯一神教の宗教であると考えられている。しかるに、これらの宗教が聖典とする『ヘブライ語聖書』を繙くと、そこで描かれる神の概念と「唯一神教」という単語によって連想する神のイメージとが時として不協和音を奏でることに気づかされる。本講演では、神について述べている箇所を『ヘブライ語聖書』から複数抽出し、そこで示されている神についての多様な概念を確認しながら、「古代イスラエル」において展開した一神崇拝とその歴史的背景を追う。

※入場無料・事前申込不要
【主催】日本オリエント学会、同志社大学一神教学際研究センター
【共催】同志社大学神学部・神学研究科