同志社大学 一神教学際研究センター CISMOR

> 公開講演会 >

【研究者・学生対象】第9回CISMORセミナー「神としての老子:西洋の道教受容の中で失われたもの」

公開講演会

CISMOR seminar series

【研究者・学生対象】第9回CISMORセミナー「神としての老子:西洋の道教受容の中で失われたもの」

  • 13614964_1430661646960134_6533389079840017430_n[1]
  • 13619854_1430661833626782_1337082368095017777_n[1]
日時: 2016年07月06日(水)16:40-18:10
場所: 同志社大学今出川キャンパス 至誠館S33教室
(京都市営地下鉄烏丸線「今出川駅」下車3番出口徒歩3分)
講師: ジェームス・ロブソン博士(ハーバード大学東アジア言語文明学科・教授)
要旨:
 道教は、良く知られている一方で、その理解が進んでいない宗教の一つです。道教の教えは、元来、正典とされる『道徳経』や『荘子』の翻訳・解釈を介して広がり、様々な文化に多大なる影響を与えました。実際、これらの書物はジャン・ジャック・ルソー(1712-1778)、啓蒙思想家として知られるイマニュエル・カント(1724-1804)、ヘンリー・デヴィッド・ソロー(1817-1862)やラルフ・ワルド・エマーソン(1803-1882)のような超越主義者、アレイスター・クロウリー(1875-1947)のようなオカルティスト、著名なユダヤ哲学者にしてエッセイスト、翻訳家でもあるマルティン・ブーバー(1878-1965)、哲学者マルティン・ハイデガー(1889-1976)、文豪アルフレッド・テニスン卿(1809-1892)やオスカー・ワイルド(1854-1900)といった人物に影響を与えています。
 西洋の人々が思い浮かべる道教のイメージは、今日の道教の理解に影響を与えています。もっとも顕著な例は、道教には二つの道教があるという考えで、「純」なもの(哲学)と「不純」なもの(道教の宗教儀礼)があるとの不自然な区別が生み出されています。仏教が宗教ではなく、哲学として西洋で受け入れられたのと同じような過程を道教もまた辿っているのです。近年の学界では、宗教と哲学を完全に分離した考え方は不正確で、支持できないとされているにも関わらず、中国の宗教一般、特に道教においては先に述べたような誤った認識が今なお広く行きわたっています。このセミナーでは、哲学と宗教という二つの区分に纏わる諸問題を見ていくとともに、『道徳経』のような史料を特定の視点から読み解こうとするあまり、埋もれてしまったあまり知られていない道教の伝統の側面についても明らかにしていきます。

[プログラム]
16:40 - 16:45 四戸センター長の挨拶
16:45 - 17:25 講義
17:25 - 18:10 ディスカション
参加対象者:研究者・学生
参加費用:無料

<お申込方法>
①名前②所属と身分をご記入のうえ、同志社大学一神教学際研究センター info@cismor.jp までメールにてお申し込みください。

<応募締切>2016年7月5日(火)

20160706CISMOR Seminar