同志社大学 一神教学際研究センター CISMOR

> 公開講演会 >

サウディアラビアの経済・社会改革の行方を読む-宗教的伝統及び内政・外交への影響ー

公開講演会

サウディアラビアの経済・社会改革の行方を読む-宗教的伝統及び内政・外交への影響ー
Looking into the Economic and Social Reform in Saudi Arabia Today

  • 20181027poster2
日時: 2018年10月27日(土)13:30-15:30
場所: 同志社大学 今出川キャンパス 良心館RY303教室
(京都市営地下鉄烏丸線「今出川駅」下車3番出口より徒歩3分)
講師: 奥田 紀宏 (元サウディアラビア大使)
要旨:
脱石油をめざすサウディアラビアでは、現在ムハンマド・ビン・サルマン皇太子(32)が、画期的な経済・社会改革を推進している。イスラーム教のワッハービ主義の流れを汲むサウディアラビアは、宗教的な伝統主義とこうした改革をどのように両立させようとしているのか、外交政策への影響を含めて講演する。
入場無料、事前申込不要、日本語講演

主催:同志社大学一神教学際研究センター(CISMOR)
共催:同志社大学グローバルスタディーズ研究科
共催:同志社大学神学部・神学研究科