同志社大学 一神教学際研究センター CISMOR

> 公開講演会 >

フランス社会の中のカトリシズム―「復興」の背景と内実を考える―

公開講演会

フランス社会の中のカトリシズム―「復興」の背景と内実を考える―
Le catholicisme dans la société française : Exploration d'un réveil

  • DSC_0081
  • DSC_0052
日時: 2017年03月03日(金)17:00-19:00
場所: 同志社大学今出川キャンパス 神学館チャペル
(京都市営地下鉄烏丸線「今出川駅」下車3番出口徒歩3分)
講師: フィリップ・ポルティエ(高等研究実習院・教授、フランス)
要旨:
ライシテの国フランスは、宗教を公共空間から取り除く傾向が強いと思われがちである。ところが、近年では、カトリックの社会における影響力が増しているようにも見受けられる現象がある。これは「カトリック復興」と見なしてよいのであろうか。本講演会では、このような動向の背景と内実について検討する。
※入場無料・事前申込不要
【主催】同志社大学一神教学際研究センター
【共催】同志社大学神学部・神学研究科
20170303ポスター
20170303講演会プログラム