同志社大学 一神教学際研究センター CISMOR

> 公開講演会 >

東アジアにおける近代化とナショナル・アイデンティティ――グローバリゼーションと宗教復興

公開講演会

CISMOR国際ワークショップ2005

東アジアにおける近代化とナショナル・アイデンティティ――グローバリゼーションと宗教復興

  • Minolta DSC
  • 東アジアにおける近代化2
日時: 2005年11月05日(土)ー
2005年11月06日(日)ー
要旨:
・11月5日(土)
【セッション1(公開シンポジウム)】
東アジアにおけるナショナル・アイデンティティと宗教の役割
■ 司会
森 孝一 (同志社大学神学部・神学研究科)
■ 発表者
1.1 カマール・オニアー・カマルザマン
(マレーシア国際イスラーム大学)
「均整の取れたグローバリゼーション――宗教の役割」
1.2 松本 健一(麗澤大学)
「日本のナショナル・アイデンティティとアジア的構想」
1.3 劉 義章(香港中文大学)
「中国の近代化の回顧と展望――新しいアイデンティティを求めて」
■ コメンテーター
1.4 ソ・ジョンミン(延世大学)
1.5 村田 晃嗣(同志社大学法学研究科)

【セッション2】
北東アジアにおけるナショナル・アイデンティティと宗教の役割
■ 司会
越後屋 朗(同志社大学神学部・神学研究科)
■ 発表者
2.1 高 師寧(中国社会科学院)
2.2 ソ・ジョンミン(延世大学)
■ コメンテーター
2.3 ヘルメン・プリヤラジュ・シャストリ(マレーシア教会協議会)
2.4 浅野 亮(同志社大学法学研究科)

・11月6日(日)
【セッション3】
東南アジアにおけるナショナル・アイデンティティの危機と宗教の役割
■ 司会
中田 考(同志社大学神学部・神学研究科)
■ 発表者
3.1 ヘルメン・プリヤラジュ・シャストリ(マレーシア教会協議会)
3.2 ムハンマド・イスマイル・ユサント(ヒズブ・タハリール・インドネシア)
3.3 ジュルキプリ・ミルホン・ワディ(イブン・アッドゥーク)(フィリピン大学)
■ コメンテーター
3.4 劉 義章(香港中文大学)
3.5 山本 博之(国立民族学博物館)

【セッション4】
東アジアの将来と宗教
■ 司会
小原 克博(同志社大学神学部・神学研究科)
■ 発表者
4.1 ソヒリン・ムハンマド・ソリヒン(マレーシア国際イスラーム大学)
4.2 イ・ジョンベ(監理教神学大学校)
4.3 ホセ・マリア・マナリゴッド・クルス(アテネオ・デ・マニラ大学)
■ コメンテーター
4.4 高 師寧(中国社会科学院)
4.5 臼杵 陽(日本女子大学)


『2005年度研究成果報告書』p.18-171より抜粋