同志社大学 一神教学際研究センター CISMOR

> 公開講演会 >

第6回宗教的価値国際学術大会

公開講演会

一神教学際研究センター、カイロ大学東洋学研究所主催

第6回宗教的価値国際学術大会
The 6th International Conference on Values in Religions

  • DSC_0249
  • DSC_0096
日時: 2017年12月02日(土)9:30-17:10
場所: 同志社大学今出川キャンパス 良心館RY305教室
(京都市営地下鉄烏丸線「今出川駅」下車3番出口徒歩3分)
講師: Naglaa Rafat Salem (Cairo University)
Gamal Abd elsamia Elshazly (Cairo University)
Mohamed Ahmed Saleh ( Cairo University)
Mohamed Hawary (Ain Shames University)
Mohamed Fawzy Dief (Menoufia University)
Etsuko Katsumata (Doshisha University)
Sik-ping Choi (Bible Seminary of Honk Kong)
Abdulla Galadari (Khalifa University/ Al-Maktoum College)
Caren el-Chawa (Independent Researcher)
Masaki Nagata (Independent Researcher)
Norimasa Fujimoto (Doshisha Univeristy)
Chikako Ikehata (Doshisha University)
S. Jonathon O'Donnell (Aoyama Gakuin University)
Masahiro Shida (Post-Doctral Fellow, Japan Society for the promotion of Science)
Hiroshi Tone (Doshihsa University)
Rehab Abuhajiar (Dosihsha University)
要旨:
 例年、当センターがカイロ大学東洋学研究所(The Center of Oriental Studies, Cairo Univ.)とともに開催している「宗教的価値国際学術大会(The International Conference on Values in Religions)」が、2017年12月2日、同志社大学今出川キャンパスの良心館で開催された。
6度目となる今大会のテーマは"Holy Times in Religions"で、諸宗教における聖なる時間に注目するものだった。カイロ国立大学文学部教授で、同大学東洋研究センターのナジュラー・ラーファト・サーリム・センター長、Naglaa Rafat Salem氏から、今大会の開催準備を担当した同志社大学および同志社大学一神教学際研究センターへの謝意が述べられた後、研究発表が行われた。
発表を行ったのは16名で、これまで開催された中で最大の人数となった。参加した研究者の出身国はエジプト、UAE、レバノン、イギリス、香港、そして日本など、多岐に渡った。
 プログラムは大きく4つのセッションに分かれ、各々のセッションで4名の研究発表が行われた。各セッションのタイトルと司会、研究発表のタイトルおよび発表者は以下の通りである。

Session 1 Title: "Holy Times in Prayer" (Chair: Gamal Abd Elsamia Elshazly (Cairo Univ.))
・"Prayer in Judaism," Gamal Abd Elsamia Elshazly
・"Christ Child as Holy Times in Islam - On the reception of Paidika in the Koran," Hiroshi Tone (Doshisha Univ.)
・"Holy Time in the Qur’an," Caren El-Chawa (Independent Researcher)
・"The Holy Time of Boaz - Meeting God in Solitude," Sik-ping Choi (Bible Seminary of Honk Kong)

Session 2 Title: "Prayer in the Holy Day" (Chair: Naglaa Rafat Salem (Cairo Univ.))
・"Sabbath in Judaism," Naglaa Rafat Salem
・"Qur’anic Concept of "Waqt"," Abdulla Galadari (Khalifa Univ./ Al-Maktoum College)
・"Transnational Faith: Early Japanese Free Methodists," Chikako Ikehata (Doshisha Univ.)
・"Using the Pesah rituals in achieving the Palestinian-Israeli rapprochement, a study in "Rachel and Ezekiel" novel by Almog Behar," Mohamed Ahmed Saleh (Cairo Univ.)

Session 3 Title: "Holy Times as Festival" (Chair: Mohamed Hawary (Ain Shames Univ.))
・"Yom Kippur - Day of Atonement in Judaism," Mohamed Hawary
・"Beyond the Age of the Torah: Nahmanides (1194-1270) and Two Polemical Contexts," Masahiro
Shida(Post-Doctral Fellow, Japan Society for the promotion of Science)
・"Islamic Rituals in Holy Times," Masaki Nagata (Independent Researcher)
・"Overcoming Jezebel: The 2016 U.S. Election as Sacred Time in American Neo- Charismatic Evangelicalism," S. Jonathon O’Donnell (Aoyama Gakuin University)

Session 4 Title: "Holy Times in the Religious Calendar" (Chair: Etsuko Katsumata (Doshisha Univ.))
・"Interactions among Three Monotheistic Religions through Calendars," Etsuko Katsumata
・"Autonomy and Biomedical Ethics in Islamic Medical Practice: Comparative Case Studies of Jordan and Turkey," Rehab Abuhajiar (Doshisha Univ.)
・"The Problem of the Interreligious Praying in the Grief care," Norimasa Fujimoto (Doshisha Univ.)
・"Fasting time in Judaism and Islam," Mohamed Fawzy Deif (Menoufia Univ.)

 上記のタイトルに示されるように、"Holy Times in Religions" という共通テーマに沿いながら、時代的には古代から現代に至るまでの少なくとも2000 年以上、宗教的にはユダヤ教、キリスト教、イスラームといった諸宗教と、広範に渡るものとなった。
 テーマ的にもユダヤ教における安息日(シャバット)や大贖罪日(ヨーム・キップール)、クルアーンにおける聖なる時間についての宗教規定に関する比較的入門的なものから、ヘブライ語聖書の『ルツ記』に記される孤独な状況における神との出会いや、イラク出身のイスラエル人の手による、小説においてパレスチナ-イスラエルの和解を達成するため、ユダヤの祭日である過越祭に注目したものなどの文学的なもの、また、暦を通して確認される3つの一神教の相互作用や、メシア到来時における時間の聖性について論じた中世のラビの思索を紹介したもの、あるいは、現代イスラーム世界における宗教的特質に則した医学分野でのイスラームの自律性の重要性を指摘したもの、2016 年に行われたアメリカ大統領選におけるキリスト教福音派の動向、グリーフ・ケアにおける異教間の祈りに関する問題などに関する発表がなされた。
 上述の様に、これらの発表は時代的、宗教的、テーマ的に、非常に多岐に渡り、また、発表の後には、諸領域の研究者の間で活発な議論が交わされ、まさに「宗教的価値国際学術大会」の名に相応しい、充実したものになった。
 翌3日には奈良へのエクカーションが実施され、東大寺や春日大社などを巡りながら歓談を行い、日本の伝統的、宗教的な領域への理解を深めつつ、国内外からの参加者達の親睦が深められた。

(CISMOR 特別研究員 北村徹)
英語発表、通訳なし。
一般の方も来場可。事前申込み不要。
20171202poster
20171202Program