同志社大学 一神教学際研究センター CISMOR

> 公開講演会 >

The Differential Diffusion in the Middle East of ‘Small Technologies’ from Europe and the USA

公開講演会

ワークショップ

The Differential Diffusion in the Middle East of ‘Small Technologies’ from Europe and the USA

  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
日時: 2017年03月27日(月)15:00-17:00
場所: 同志社大学今出川キャンパス 至誠館3階会議室
(京都市営地下鉄烏丸線「今出川駅」下車3番出口徒歩3分)
講師: Uri, M. Kupferschmidt 教授(ハイファ大学・イスラエル)
要旨:
タイトル:ヨーロッパやアメリカからの「小さな技術(Small Technology)」の、中東における特異な普及

  1500年代以降、イスラム世界とヨーロッパ間の新しい技術の伝達の主たる方向性は逆転したと考えられている。それらは軍事技術、鉄道、電信、汽船、都市の発達や移動、農業や植物学上の発明などであり、帝国主義者の権力構造に組み込まれたものとして、一般に議論されている。
 これらの「大きな(big)」技術と対照的に、「小さな(small)」技術というものがある。それはその物理的サイズや影響的限界ではなく、入手可能性やその相対的な使いやすさ、使用する際に科学的な深い知識や長期間の専門的訓練を必要としないことを意味している。多くの「小さな」技術は、恒久的な消費財なった。
 普及が遅れている事例(例えば印刷など)において、遅らせている要因の一つとしてイスラムを考える必要はあるのか。このことはこれらの新しい技術を必要とするのが誰なのかという問いを我々にもたらす。研究の大半は、ヨーロッパやアメリカの決定論の一定の影響下においてなされるが、他のモデルがあり得るかもしれない。

(研究開発推進機構有期研究員・神学部助手 北村徹)
※使用言語:英語(通訳なし)
※入場無料・事前申込不要

【主催】日本オリエント学会、同志社大学一神教学際研究センター
【共催】同志社大学神学部・神学研究科
20170327HaifaUnv.poster
20170327配布資料