同志社大学 一神教学際研究センター CISMOR

> 公開講演会 >

ビュクリュカレ:赤い河の畔のヒッタイト都市

公開講演会

公開講演会

ビュクリュカレ:赤い河の畔のヒッタイト都市

日時: 2021年04月17日(土)15:00-16:25
場所: オンライン(zoom platform)
講師: 松村公仁
(公財)中近東文化センター附属アナトリア考古学研究所研究員
トルコ共和国、アーヒー・エヴラン大学准教授
要旨:
ビュクリュカレ遺跡はクズルウルマック河西岸に位置し、城塞部とその西に広がる都市部からなる紀元前2千年紀の都市遺跡です。2009年に始まる発掘調査で何層にも重なるヒッタイト時代の文化層とそれに先立つメソポタミアとの交易システムが確立したアッシリア商業植民地時代の交易都市と王宮が明らかとなってきました。発掘ではヒッタイト語、さらにフリ語の楔形粘土板文書、ヒッタイト王印が押された印影などが出土しており、ヒッタイト王家とも強い結びつきを持つ重要な都市の一つであったことを示しています。この講演では紀元前2千年紀におけるアナトリア(今日のトルコ共和国)の文化的、国際的な結びつきについて様々な側面から解説します。
参加をご希望される方は、以下【参加申込フォーム】からお申込みください。
申込締切:2021年4月11日(日)

お申込みいただいた方へは、開催2日前までに事務局より参加方法など詳細について、ご案内メールをお送りいたします。
申込後の自動返信が文字化け等で判読できない場合、お手数ですが、一神教学際研究センター事務局<Email: rc-issin@mail.doshisha.ac.jp>までご連絡ください。

皆様のご参加をお待ちしております。

[関連リンク]